こんにちは

 

もってぃーです。

 

今回は、(2018年5月15日)amazonアソシエイトに登録してから約1日で合格したことの報告と、審査して貰う前に注意したことについての短いまとめになります。

 

これは個人的なことですが・・・amazonアソシエイトは、審査に合格するより、登録する際のPinコード打ち込みによる本人確認が、一番強敵でした・・・。

 

審査に合格したときのコンテンツ

・投稿記事数98

・サイト運営期間:1年半

・サイトの説明

・コンテンツ一覧

・お問い合わせ

・個人情報の保護方針

・プロフィール

・カテゴリー

です。

 

審査の合格に必要なコンテンツ

合格するための前提として、全て必要で「記事数」と「サイト運営期間」は最低「記事数;10」と「サイト運営期間;半年」ぐらいは必要ではないかと、個人的に思います。

 

なぜなら、記事数は、amazonアソシエイトの規約の「記事数・投稿数が極めて少ないコンテンツ」のどこにも具体的な数は、書いていません。

 

そして、最低5-10記事で合格するとよくネット上に挙げられていることから、記事数は10ぐらいだと考えています。

 

「サイト運営期間:半年」というのは、ほかにも短い期間で合格した人もいますが、半年間サイト運営を続けているということは、SNSを利用しないかぎり、作成したばかりの知名度がないので、ほぼアクセスがありません。(大当たりのキーワードを引けば別ですが)

 

その中で、サイト運営を続けているということは、信頼できると考えられるのではないかと、私は思うからです。

 

審査に掛かった時間

約一日(20時間)で審査が終わりました。

 

記事数98でも、1日掛からなかったということは、審査担当の人の手が空いているのも、関係ありそうですが、5-20記事の場合は、2時間ぐらいで済みそうな気がします。

 

 

外してないと審査に落ちるコンテンツ

・メールマガジン

・広告

 

この「メールマガジン」と「広告」は、amazonアソシエイトの規約に違反しているので、外さないと審査に落ちます。

 

「広告」は、Google アドセンスのクリック型商品購入リンクなど全てです。

 

補足しますと、審査の時は外さないといけないのであって、合格したら、再び「メールマガジン」「広告」を付けても問題ありません。

 

 

 

 

amazonアソシエイトの審査に、合格するために必要なことは、別記事にする予定です。

 

追伸

実は、諦めてからも、別口で「もしもアフィリエイト」からamazonの商品を扱おうと、申請を出したものの、

反応がなくて、放置していたのですが・・・・昨日(2018年5月15日の19:23)amazonアソシエイトから合格をもらった後に、「もしもアフィリエイト」からも提携通知が届きました。

 

既に、amazonアソシエイトから合格をもらっているので、正直なところ「いまさら提携されても・・・」という気持ちと、「なにかに使えるかも?」と複雑なところです。(笑)

 

amazonアソシエイト以外の方法として、「もしもアフィリエイト」でも、amazonの商品を扱えるので、もしあなたの興味があれば、申請してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク