スポンサーリンク

こんにちは

 

もってぃーです。

 

今回はチャンミ決勝戦で勝利数調整に意味があるのか検証の2回目決勝戦の結果となります。

 

一回目途中と結果

チャンミで決勝戦に勝率調整で検証1回目

二回目途中

チャンミ検証2回目予選と使用した調整ウマ娘

三回目結果

チャンミ勝利数調整した決勝の変化検証(中)3回目の結果

ウマ娘-チャンミ勝利数調整した決勝の変化検証(中)2回目の結果

チャンミ(ライブラ杯2)の勝率数を調整した決勝結果(2回目)

勝利数

一人目:30戦中15勝(勝率50.0%)

二人目:80戦中42勝(勝率52.5%)

自 分:80戦中9勝(勝率10.1%)

 

この2回目の検証結果は、明確に格上×2相手ですね。

ちなみに出走したウマ娘のみの勝率だと15戦9勝(勝率46.6%)となり、ほぼ対等なマッチングになります。

 

これは前回ですが、一回目も決勝に出したウマ娘のみの勝率に絞ると、高くて10%前後(41%/47%/53.3%)で、勝利数は最大20戦近く差がある状況でした。

勝利数/全体勝率で見るとランダム?になり、決勝に出走したウマ娘限定勝率なら対等に近いと言えますね。

 

母数が少ないので統計としては使えません。

しかし、私はあくまで勝利数/勝率調整して格上が出るか気になったので、重要なのはそちらです。

 

チャンミ(ライブラ杯2)の(2回目)勝利・勝率・全体勝率ごとの検証結果とまとめ

2回目までの結果としては

・勝利数6-33の差(一回目10-20程度)で格上が出現する←格上検証終了

・全体勝率40%以上高いウマ娘が出る←格上検証終了

・決勝戦に出したウマ娘だけの勝率←ほぼ対等?と不明なため続行

決勝戦に出したウマ娘のみの勝率でマッチングしているっぽいですが、3回目はわかりません。

ですので、3回目も同じ条件(最低限の勝利数)でまたやってみます。

チャンミ(ライブラ杯2)の勝率数を調整した決勝相手1(2回目)

一人目の使用ウマ娘

30戦中15勝

チャンミ(ライブラ杯2)の勝率数を調整した決勝相手2(2回目)

二人目の使用ウマ娘

80戦中42勝

クリスマスオグリキャップの分は調べようがないので、そのままの数値で計算。

チャンミ(ライブラ杯2)で決勝に使用したウマ娘(2回目)

自分

80戦中9勝

チャンミ(ライブラ杯2)決勝でプラチナを取った相手のスキル構成

プラチナを取った方は二人目のニシノフラワーでした。

強すぎるステータスとスキル構成で真顔になりましたはい。

実質スピード1894/パワー1272/根性789/賢さ1218

どれだけ試行回数したらこんなのが出来るのかってレベル・・・。

チャンミ(ライブラ杯2)決勝結果:敗北

 

逃げセイウンスカイは1つだけ緑が足りなかったのため、コンセントレーションで代用したら不発しておさらば。

頼みの綱のクリスマスオグリキャップは、アナボリック不発で加速が足りずに敗北。

全体的にスキル不発祭りでしょんぼりですが、どちらにせよ相手フラワーの完成度が高かったので実力負けですね。

 

んー全体の勝利数関係なく、決勝に出した勝率で対等に近い5-10%相手を並べているのかなぁ・・・。

マッチングが全体勝利数じゃないなら、石を使ってまで負け戦はもうやめたいですが、よくわからないので次もやってみます。

(チャンミの曲、地味に同じウマ娘が並んでて普段は出来ない絵面が面白いですよね)

 

スポンサーリンク