こんにちは

 

もってぃーです。

 

今回は、[wordpress]ウィジェットの追加・編集方法について、

あなたがこの記事をお読みになることで、

初心者でも、ウィジェットの基本操作ができるように、お伝えしていきます。

 

※私の使用しているテンプレート(ひな形・・・サイトのデザイン)は賢威ですが、wordpressの基本操作は、変わらないので、問題はありません。

 

[wordpress]ウィジェットの追加・編集方法

最初にウィジェットについて説明しますが、既にあなたがご存知なら下のウィジェットの追加・編集方法まで飛ばしてください。

 

タイトル通り、ウィジェットの追加・編集方法をお話しますが、

・追加

・編集

・並び替え

・停止

・削除

に分けてお伝えしていきます。

 

ウィジェットって何?

まず、ウィジェットが何かと言うと、サイト上のサイドバーやフッターを自分好みにすることができる機能です。

 

ウィジェットを使うことで、例えばあなたのプロフィールやSNS、人気の記事やカテゴリー(分類)などをサイドバーに難しい作業の必要がなく表示することができます。

 

しかし、単語だけ聞いても

「サイドバー?」

「フッター?」

「イメージが湧かない・・・」

と困惑したかもしれません。

 

ですから、

ウィジェットの追加・編集方法の後に、おまけで

私のサイトを例に、図を使いながら一つずつ説明していきます。

 

ウィジェットの設定画面へ行く方法

ウィジェットの追加・編集をするために、まずは設定画面へ行きますね。

 

図1のように、画面左にあるメニューの「外観」→「ウィジェット」をクリックしてください。

 

図1ウィジェットの設定画面へ行く方法

 

※ウェブサイトの表示画面サイズによっては、図2のように文字が消えて、アイコンだけが、表示されるかもしれませんが、その場合は図2の通りです。

 

図2文字が消えてアイコンだけが表示される場合

 

ウィジェットの機能が多いので、図を3つに分けて表示しています。

 

図3ウィジェットの機能1

 

図4ウィジェットの機能2

 

 

図5サイドバー

 

図5の「サブコンテンツ」がサイドバーになります。

 

ウィジェットの追加方法

まずは、ウィジェットの追加をしていきましょうか。

 

図では、「テキスト」を例にしながら進めていきます。

 

ウィジェットの追加方法は、図6のように「利用できるウィジェット」の中から、あなたが表示させたい項目をドラッグ&ドロップ(押したまま、サブコンテンツの中に動か)してください。

 

 

図6ウィジェットの追加方法

 

無事、「テキスト」をサブコンテンツに入れられたら、図7のように表示されます。

(2018年3月時点)

 

図7ウィジェットの追加「テキスト」

 

ほかのウィジェットを追加する際も、方法は同じです。

 

「テキスト」の簡単な項目説明

タイトル:ここで入力したタイトルが、サイドバー上に表示される名前です。

 

メディアを追加:サイドバー上に、画像や音声、動画などのファイルを追加できる機能になります。

 

ビジュアルとテキストについては、例があるほうが分かりやすいと思うので、後回しです。

B(太字):これは、入力した内容を太文字にして、表示するコマンドになります。

 

I(イタリック):文字が斜めに変化します。

番号なしリスト(記号がないので仮名):これを使うと、・○○(○○の中身は入力した文字)が表示されます。

 

番号ありリスト(記号がないので仮名):番号なしリストの違いとして、・○○が、1.○○に変わることです。

 

チェーンマーク(記号がないので仮名):入力した文字にリンクを挿入、編集ができるコマンドになります。

 

ビジュアル:普段通りに入力できるか機能です。

 

テキスト:ビジュアルより、少し難しい(ソースコードを使うので)機能になります。

 

ビジュアルとテキストを言葉で、表現するのが難しいので例に表すと

abcを太文字にする場合、

ビジュアルだとabcを選択して、Bコマンドを押すだけです。

 

しかし、テキストの場合は、

<b>abc</b>と入力する必要があります。

 

ですから、基本的にビジュアルの使用がおすすめです。

 

 

ウィジェットの編集方法

次は、ウィジェットを編集方法について

今回は、恐らく使わないサイトは、ほぼないと言っていいほど、

使用頻度の高い「テキスト」で例にしてお伝えしていきます。

 

まず、「テキスト」を図7のように開いてください。

 

図7ウィジェットの追加「テキスト」

 

※少し、先の内容になりますが、一度保存した後に、図7の「完了」を押すことで、「テキスト」が閉じるので、ご注意ください。

 

「テキスト」が開いていない場合は、図8のように「▽」をクリックすることで開きます。

 

図8「テキスト」閉じていた場合の対処法

 

では、「テキスト」に入力していきましょうか。

 

図9(※入力例)のように「タイトル」と、その下の空白に入力してください。

 

図9「テキスト」sample(自己紹介)

 

先ほど「テキスト」の簡単な項目説明で、お伝えしたコマンドを実際に使うことで図9のようになります。

(使用項目については、()の通りです。)

 

付け加えて、ビジュアルとテキストの違いを補足すると、

図9がビジュアルと違い、テキストは、図10の通りです。

 

図10ビジュアルをテキストにした場合の変化

 

「テキスト」を入力が終わったら、「保存」を押してください。

 

「保存」を押すことで設定が反映され、サイドバーに表示されます。

 

では、図11のように画面上にある「サイト名」をクリックして、確認しましょうか。

 

図11

 

図12のようにサイドバー内に表示されていると思います。

図12サイドバー内に表示

 

もし追加した内容に、編集を行いたい場合は、同じように「テキスト」をクリックして変更してください。

 

ここまでが、ウィジェットのサイドバーに追加する方法でした。

 

次のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク