スポンサーリンク

こんにちは

 

もってぃーです。

 

今回は、スマホゲームのFGO(Fate/Grand Order)をバグらせて起動する方法+どんなことが起きるか(メリット・デメリット)をお伝えしていきます。

 

※バグ利用を推奨している訳ではございません。

※バグらせた結果起きた出来事に、一切責任を負いませんので、予めご了承ください。

 

FGOをバグらせて起動する方法

バグ起動するために用意するもの(必要な条件)

・スマホの熱暴走

・FGOと別アプリ

これだけです。

 

バグ起動のやり方の前に、これら2つが必要な理由をひとつずつ説明していきます。

 

スマホの熱暴走

なぜ、予めスマホを熱暴走させるかと言うと、スマホの熱を上げ処理速度を落とすことで、FGOを起動することにより本来読み込むべきデータを、読み込まず起動させる必要があるからです。

 

ですから、高スペックのスマホより、熱暴走が起きやすい低スペック(必要RAMぎりぎり)の方が、バグ起動が成功しやすいかもしれません。

 

FGOをプレイする上で必要なスペック(RAM容量)

推奨RAM:2.0GB

必要RAM:1.5GB

 

参考までに、私が使っているスマホ(GALAXY S5ACTIVE)は、

容量:16GB

RAM:1.66G

 

・・・っと必要RAM:1.5GBをぎりぎり超えたスペックです。

 

ちなみに、必要スペックぎりぎりだとどんな状態かを、簡単にまとめると(宝具使用)

 

・エドモン(巌窟王)のモーションリニューアル前:宝具を打つ前のホワイトアウトが、数秒(2-5秒ほど)発生

・リニューアル後:宝具を打つ前のホワイトアウトが、5-10秒以上発生

 

になります。

 

・・・なぜ、宝具を使ったときのことを比べたかと言うと、リニューアル後では、宝具起動中のエドモンに白い膜があり、前はなくその分処理が重たくなっているということを、イメージしてもらいやすいのではないかと、思ったからです。

 

FGOと別アプリ

スマホの熱暴走による処理遅れを発生させた状態をさらに、遅くする上で負荷をかけるために使います。

 

長くなりましたが、ここからは肝心のFGOをバグらせて起動するやり方です。

 

FGOをバグらせて起動するやり方

まず、複数のアプリや熱を起こしやすいゲームを起動して、スマホの処理が遅れるレベルになるまで、熱を上げます。

(具体的には、カックンカックンと画面移動が露骨に遅くなるまでです。)

 

次に、FGOを起動して即、別アプリを開きます。

 

(ロード画面に行くまでに、別アプリを開いてください。)

 

再び、FGOを起動します。

 

これにより、ロード画面がバーサーカーの文字画面(全て■となり、バグって読めない状態)になれば成功です。

 

参考までに、成功の画像になります。

 

 

FGOをバグらせて起動するメリット・デメリット

メリットは、「枠なし」のシナリオを見ることができる+いつもと違うゲーム画面です。

 

それに対して、デメリットはメニューが謎の数字だけになるので、見づらい+枠の透明化などあります。

 

おまけ:バグらせたときに撮った画像と動画

 

 

 

まだまだありますが、一部紹介しました。

 

今回はこれで終わります。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク