スポンサーリンク

 

こんにちは

もってぃーです。

 

今回はウマ娘の2022年4月チャンミ「アリエス杯」グレードA決勝敗北したので、勝利したウマ娘と何が違うかを比較する反省回です。

アリエス杯-グレードA決勝の勝利者とステータス・スキル構成比較

私はいつもチャンミの反省会をしませんが、このチャンミは真面目にやっていた&気が向いたので、チャンミグレードA決勝のお相手と練習をやりました。

そうしたら、何度しても勝てない!(出遅れ対戦も含めて十数戦ほど)

流石に何か致命的な違いがあると思い、勝利者とのステータス・スキル構成を比較した記事を作った次第です。

 

結論から言うと、相手が自分の上位互換かつ自分がある程度で妥協したのが原因でした。

(距離S・芝Sのステータスとスキルが揃ってやっと勝てるプラチナの道は遠い・・・・)

アリエス杯-グレードA決勝-脚質

グレードA決勝の出走脚質

・逃げ×5

・先行3

・差し1

逃げが多い状況でした。

 

出走ウマ娘一覧

逃げ

・水着マルゼンスキ×2

・セイウンスカイ×2

・キタサンブラック

先行

・クリスマス/オグリキャップ×2

・スペシャルウィーク

差し

・キングヘイロー

※比較は自分と優勝者のみ

ウマ娘-アリエス杯-逃げステータスとスキル構成比較

自分-相手

 

水着マルゼン同士の比較

ステータスは、スピード1360で上だけど根性が下

パワーは芝Sでスキル補正後1割増加で実質1152程度です。

1026(966「素パワー」+60「良バ場の鬼」)×10%(芝S)

 

スキル面だと構成は似ているけども、直線&コーナー◎や中盤スキルで自分側が劣っていますね。

セイウンスカイとバレンタインブルボンの固有は、セットのが良いかもですね・・・。

(中盤前出られて1位をキープ出来なかった)

 

自分-相手

 

ステータスがスピード以外低いので、こちらは負けても仕方ない・・・。

(中距離Sがまさか継承24回掛かる何て・・・)

 

まれに終盤固有のアングリング発動する展開もありました。

しかし、高いスピードをパワーが低い関係で活かしきれず、クリオグリに抜かれてることが多かったです。

(多分中盤スキルをほかより多く積んだから)

アリエス杯-先行(クリオグリキャップ)ステータスとスキル構成比較

自分-相手

 

クリスマス・オグリキャップ(以下クリオグリ)同士の比較は正直、自分自身がガバとやらかしている自覚があるので、仕方ないと割り切ってます。

(何で回復スキル1個多い上に、スピード妥協したし・・・)

 

相手のクリオグリはステータス&スキル両方ともこちらの上位互換っぽいですね。

(固有スキルの条件となる、回復スキルの構成を見ると最速から少し遅れて発動するタイプ・・・一番星を使うならこれが良いのかもしれない)

 

ちなみにこのクリオグリが決勝で1位を取っていました。

結論-ステータスと中盤スキルの妥協が敗因

(唯一勝ち筋のあったセイウンスカイ)中盤スキルは盛れているけど、ステータスが足りず負けるという実力負けでしたねはい。

一番勝率の良かった水着マルゼンは、決勝だと一度もアングリングが発動しなかったので、中盤スキルが足りないと負けることが改めて分かったアリエス杯でした。

 

ラウンド1~決勝までの勝率

 

合計勝率61%

次は勝てるように育成したいですね。

今回はこれで終わります。

 

スポンサーリンク