スポンサーリンク

こんにちは

 

もってぃーです。

 

今回は、「成功」することができる人の特徴が、「変態」であることの確証が得たので、それについてのお話となっています。

(あくまで自分が、出会った人たちと接する+成功する姿を間近で見た人から聞いて、私が思ったことです。)

 

 

成功する人=変態

 

※あくまでも、「変態」は悪い意味ではなく、最上級のほめ言葉として使用しています。

 

最近(2018年5月20日)成功した人(詳しくは控えさせていただきますが、認定NPO法人の創設者)の講演会に言き、直接「すごい人は変態ですか?」と質問すると「ええ、変態です。・・・・変態じゃないと成功するまで、続けるなんてできないと思いますよ。」と返答が帰ってきました。

 

ぶっ飛んだ質問だと、わたしも思いますが、自分の周りだけの認識じゃないことがわかったので、問題ないですね。(暴論)

 

そして、海外のトップ(偉い人)に食事を出す、プロの料理人の下で、働いていた人に聞いても「変態です。」

と返答が帰ってきたので、全てとは言いませんが、ほとんどの成功した人は変態だと思っています。

 

少し脱線しました。

 

成功する人は、どんなことをしてきたか

 

「成功する人=変態」の結論になる理由を先に言いますと、

自分の信念を何があっても貫き通してきたからです。

 

これだけでは、ピンっとこないかもしれません。

 

ですから、イメージしやすいよう、あなたに質問をしていきますので、少しでも良いので、考えてみてください。

 

成功する人=変態になる理由

 

あなたは、叶えたい夢はありますか?

 

もしかしたら、「夢なんてない」「そんなこと考えて何と関係があるの?」とあなたは思われるかもしれませんので、補足しますと、この質問は「成功する人=変態」となる上で、密接に関係しています。

 

(小さいことから、大きなことまで、どんなことでも良いです。)

 

 

例えば、プロのスポーツ選手だったり、発明で時代を変えた「トーマス・エジソン」や「ニコラ・テスラ」などのすごい科学者、あるいは今より美味しいものが食べる生活、良いところに住みたい、今だったら、YouTuberになって有名になりたいなど、様々な夢があると思います。

 

あなたは一度でも良いので、考えてもらった夢を叶えようと、挑戦したことはありますか?

 

質問しておいて何ですが、おそらくあなたは、一度は夢を叶えると挑戦したのではないかと思います。

 

しかし、夢は夢のままで、終わってしまったのではないでしょうか。

 

なぜなら、夢を叶えようと挑戦していると、どこからともなく知らない人だけでなく、家族や親しい人達からも

・「夢を叶えたい?・・・あなたじゃ無理でしょ」「現実を考えようよ」

・「安定した職についたほうが人生良いよ」「夢とか恥ずかしい」「年を考えようよ」

・「夢を叶えられる人は、ほんの一握りだから諦めたほうが良いよ」「私が止めるのは、あなたの幸せを思ってのことなんだからね」

 

などと、否定・止める言葉ばかりを言われ続けるからです

 

そして、悪意だけならまだしも、言ってる本人達は、善意である場合があるので、質が悪いですよね。

 

その経験から、夢を叶えるための挑戦できなくなったというのが、夢のままで、終わってしまったのではないかと思った理由です。

 

ここまでで、なぜこのような質問をしたか、あなたは既にお気づきかもしれませんが、

 

「夢を叶えた人=成功した人」は、どんなに否定・止められる言葉を言われ続けても、諦めず自分の信念を貫き通しています。

 

叶えたい夢を達成するために、辛いことを言われてもなお、挑戦し続け、夢を叶えた人を変態(ほめ言葉)と言わず、何というのでしょうか。

 

私が「成功した人=変態」と考えている理由でした。

 

成功した人=変態のまとめ

 

・成功した人は、自分の信念を貫き通した人

・否定・止められても、挑戦し続け、夢を叶えた人は変態としか言えない

 

私も、変態になれるよう日々精進していきますね。(笑

 

今回は、これで終わります。

 

この日記?があなたの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク