スポンサーリンク

こんにちは

 

まだ(2018年)7月なのに、気温が30℃どころか35℃超えていて、毎日暑い・・・溶ける・・・と言っているもってぃーです。

 

今回は、ポケモンGOをやらないかと、家族から誘われ再びやり始めた(暑い中)ことで、改めて分かったことをまとめた日記になります。

 

ポケモンGOを再びインストール

 

私は、以前ポケモンGOをやめる際に、データ引き継ぎのことを調べずに消していたので、一からやり直しかなっと思っていたところ、アカウント(データ)管理をメールアドレスごとに行っているらしく、前のデータで再スタートしました。

 

ポケモンGOで改めて学べたこと

初めに結論から言うと、

・興味を持ったら、トコトンのめり込んでしまう

・スマホのバッテリー消費は、変わらずえぐい減り方

の2つです。

 

「スマホのバッテリーの消費量+私がしている対策」「興味を持ったら、トコトンやってしまう」の順にお話知ていきます。

 

スマホのバッテリー消費量対策

 

ポケモンGOは、とにかくバッテリーの消費がえげつないです。

 

10-30分しているだけで、スマホがホッカイロになり(本体温度50-60℃超え)、バッテリーの10-30%が減る上に、スマホの熱を放置していると余計消費が早くなったりします。

 

消費が早い理由として、GPSが常に起動(位置情報が動くごとに更新しているため)している+AR(カメラと連携)+ポケモンGOアプリなど複数の機能を一気に使用していることが原因です。

 

一時間もすればスマホのバッテリー50%以下になるのは、困りますよね。

 

そこで私は、ポケモンGOを連続してプレイするため、もとい少しでもバッテリー消費を抑えるための方法を調べて実践してみて、使えるモノを紹介していきます。

 

・スマホにモバイルバッテリーを繋げながらプレイ

・10円玉をスマホの裏側に貼る

 

スマホにモバイルバッテリーを繋げながらすると、回復量と消費量がほぼ同じなため(種類によって変化あり)温度はさらに上がりますが、プレイ自体はできます。(最終手段)

 

「10円玉をスマホの裏側に貼る」がスマホの温度を下げるための本命です。

 

10円玉をスマホの裏側に貼る

 

もしかしたらあなたは「10円玉?」「汚れが凄いけど大丈夫なの?」と思われるかもしれません。

 

なぜ、10円玉を使うのかと言うと、銅で作られているからです。

 

銅は、熱を吸収しやすいため、スマホの裏側に貼ることで、温度を下げられます。

 

スマホの裏側に、10円玉を貼るとき(置くだけでも効果あり)私は6枚の2枚重ねで置いていますが、10円玉が熱くなったら、熱が冷めるまでは、ほかの10円玉を使うことで、より効果的です。

 

次に、10円玉を貼る(置く)際に、汚れや直接置くことに抵抗がある場合は、

・10円玉を重曹で3日ほど漬け込む

・紙やサランラップなどの薄いモノを敷く

 

ことをおすすめします。

 

重曹で洗う場合、温度下げ用のために大量の10円玉を用意できるのなら問題ありませんが、スマホの裏側に貼れる面の枚数分洗い、洗浄できた10円玉の上に、ほかの10円玉を重ねることで、代用可能です。

 

重曹で洗うと、銅の匂いは落ちませんが、汚れは落ちます。

 

(チョコレートの包に入れていたら、銅の匂いが薄れたので、気になる場合は試してみるのもありかもしれません。)

 

ここからは、

興味を持ったら、トコトンのめり込む(やり続けて)しまうお話になります。

 

 

ポケモンGOを再び始めてみたら・・・

 

まず、未来中心(ポケストップが11箇所ほどあるところ)に行き、ポケストップを回そうとマップを見たら、ジムになっていたり、レイド戦やリサーチ(任務・クエスト)など新要素がたくさん追加されていたのです。

 

私は、新しいポケモン・リサーチ(お使い)達成報酬・レイド戦などをこなして行くうちに、再び熱が入りました。

 

ポケモンGOに再びハマってから変わったこと

私は、現在夜祖父母のアパートで寝泊まりし、朝から夕方まで実家で作業をしています。

 

祖父母のアパートから実家までは、4kmほどあり基本的に自転車での移動(往復で8km)です。

 

移動中は、ポケモンGOを起動して、ポケストップ回し+レアなポケモンがいたら捕まえるなど、寄り道で着くまでに、30分から1時間ほどかかっています。(気温30-35℃)

 

ちなみに、ポケモンGOを再び始めるまでは、15分から20分(頑張れば13分)ほどで到着していました。

 

比べてみて、もしかしたらあなたは「どれだけ寄り道してるの!?」と思われるかもしれません。

 

私もそう思います。

 

昨日は、実家から19時頃?祖父母のアパートに向かって移動を始めたのに、帰ったのは22時です(汗)。

 

今日も(2018年7月22日)気温34-35の中実家に移動する際、白壁土蔵群+赤瓦の観光スポットで、ポケストップを回しながら帰りました。

 

なぜ、実家から祖父母の家に着くまでに、3時間もかかったかと言うと、丁度ポケモンを捕まえるボール(モンスターボールやスーパーボール)が0個だったので、集めようと思ったのが原因です。

 

私は、気温が30℃の暑い中、ポケストップ11箇所ある場所(一周するとポケストップが再び回せる(回復まで5分?ほど))を自転車でぐるぐる回っていました。

 

ポケストップ周回していて、空が暗くなってきたので、私はあと一周したら帰ろうかと思っていたら、なぜか再び回せるようになっているポケストップを見て、やっぱりもう一周・・・・一周したら・・・あと一周・・・次ラスト・・・と途中から抜け出せなくなり、正気に戻ったのが2時間30分後です。(汗)

 

(帰り道のポケストップも回収していため3時間になりました。)

 

このことから、

興味を持ったら、(気温関係なく)トコトンのめり込んでしまうことが改めて実感したのです。

 

この日記?があなたに何らかの役に立ったなら幸いに思います。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク