スポンサーリンク

 

 

こんにちは

 

もってぃーです。

 

今回は、2019年になって新たに立ち上げたブログのサーチコンソールの登録と一日に数回限定ですが、新たに書いた記事を即インデックスする方法についてお伝えしていきます。

 

[サーチコンソール]登録の仕方

まず、Googleサーチコンソールにアクセスしてください。

Google Search Console(公式)

 

 

アクセスするとこのような画面が表示されるので、「今すぐ開始」をクリックします。

 

 

あなたのサイトで、使っているGmailアカウント(または電話番号)を入力しログインしてください。(「次へ」を押すとパスワード入力画面になります。)

 

 

 

次に、「ドメイン」と「URLプレフィックス」が表示されていますが、「ドメイン」の項目にあなたのサイトURLを入力してください。

 

私のサイトだと「sakamoto-kouji.com」ですね。

 

(以前私がサーチコンソールを登録した方法と画面が違っていたので戸惑いました(汗))

 

サイトを識別できたらDNSの確認が必要で、「TXTに表示された文字の羅列コピー&ペースト」してと表記されます。(若干変更していますが似たようなものです。)

 

初見だと意味わかりませんよね(笑)

 

これは、サイト登録したサーバーにアクセスして「DNSレコード」からTXTを追加してくださいと言う意味です。

 

xserverを例に仕方を紹介していきますね。

 

まず、サーバーにログインしてください。

 

 

ログインできたら、「DNSレコード設定」をクリックします。

 

 

「ドメイン選択画面」が表示されるので、先程サーチコンソールで入力したサイトURLを「選択する」を押してください。

 

ここからが作業です。

 

下画面が表示されたら「DNSレコード追加」をクリックします。

 

「種別」から「TXT」を選び、「内容」に先程コピーした文字の羅列をペーストしたら「確認画面へ進む」を押してください。

※「ホスト名」「優先度」は操作なし

 

本当に追加しますかと聞かれますが、追加するサイトURLが間違ってないことを確認したらそのまま追加します。

 

上画面のように表示されたら問題ありません。

 

再び、Googleサーチコンソールに戻ると、下画面が表示され登録完了です。

 

 

ここからは、新たに投稿した記事(例1日前)をGoogleにインデックスしてもらう方法についてお伝えしていきます。

 

即インデックス(URL検査ツール)の使い方と注意点

※サーチコンソールは新たなシステムに変わったので、回数制限はまだ分かっていません。

 

URL検査ツールは、例えば1日前に書いた記事をインデックス申請すると5-10分ほどでGoogleに登録され、検索すると表示されます。

 

私の場合は、サイトタイトルそのままと2単語(2ページ目)までは上位表示されました。

 

 

それでは、URL検査ツールの方法に入ります。

 

まず、Googleサーチコンソールにログインしてください。

 

ログインできたら画面一番上の検索バーに、新規投稿した記事のURLを入力します。

(新システムに変わった関係上、回数制限があるか確認できていないので、なるべく新規記事がおすすめです。)

 

 

※既に登録された記事の場合、下画面のように表示されます。

 

 

入力するとデータ取得中と出ますが、待っていてください。

 

 

記事がインデックスされていないと下画面のように表示されるので、「インデックスをリクエスト」をクリックします。

 

 

後は、登録されるのを待つだけです。

 

 

 

無事登録されると、上画面のように「インデックス登録をリクエスト済み」になり終了です。

 

本来新たに投稿した記事は、インデックスされるまでに時間がかかります。

 

しかし、今回紹介した方法を使えば短縮できるので、時事ネタやこれは速く表示されたい!って記事はURL検査ツールを積極的に使ってみてはいかがでしょうか。

 

※最初にも言いましたが、回数制限があるのかを確認できていないことに加え、登録される時間・順位は個人差があります

 

今回はこれで終わりますが、この記事があなたの役に立ったのなら幸いです。

スポンサーリンク