もってぃーです。

 

今回は、副業について童話「ウサギとカメ」を交えながら話していきます。

 

あなたは、「ウサギとカメ」の物語を知っていますか。

 

足の速いウサギと遅いカメが、山のふもとまでかけっこ競争して、途中居眠りしたウサギがカメに追いつかれ、ウサギが負けるお話です。

 

このお話の教訓として

「才能がなくても頑張れば成功できる」

「自分の力を過信するのは良くない」

っと言われたりします。

 

そして、「ウサギとカメ」には続編があるのはご存知ですか。

 

「負けウサギ」カメにかけっこで、負けた後から始まるウサギの物語と。出版はされなかったカメの物語もあるようです。

 

また、カメの物語は「カメとワシ」という本が元になったお話でないかと言われています。

 

「負けウサギ」カメに競争で負けた結果、ウサギは一族から追い出されてしまいました。

 

しかし、ある出来事からウサギは

何と・・・”英雄”となるお話です。

 

追放されて落ち込んでいるウサギが、一族を狙っているオオカミの存在に気づき、オオカミを崖に話術で誘い込んで、飛び蹴りにより崖から突き落として倒す出来事となっています。

 

逆にカメの物語は

「才能がなくても頑張れば成功できる」っと様々なことに挑戦して、空を飛ぶためにワシに頼んだ結果、カメが死んでしまう物語です。

 

これは私の主観ですが、確かにウサギは大恥を晒しました。

 

しかし、ウサギは「自分の力を過信するのは良くない」ということを学び

一族を救うために、内面では怖いと思いながらも立ち上がり、一族の英雄になったのです。

 

つまり、

大恥を晒してもそれで終わりではない、大切なことは、その後どう行動するか。

 

ではないかと「負けウサギ」と頭に思い浮かびました。

 

カメの物語では、「ウサギとカメ」の教訓とは裏腹に、カメはある矛盾した行動をしています。

 

ウサギと競争した結果カメに勝ったので、「才能がなくても頑張れば成功できる」と思うのはまちがっていないと思います。

 

しかし、「自分の力を過信するのは良くない」この教訓とは真逆の行動をしているのです。

 

カメが勝利したことで「努力=絶対成功する」っと自分の力を過信しているのではないかと浮かびました。

 

そこから私は、

常に初心を忘れずいることが大切

 

っと感じたのです。

 

 

ウサギとカメのことを長々と話してしましました。汗

 

では、本編の副業について入っていきます。

 

副業

 

あなたは副業を今から始めたいもしくは既にしているかもしれません。

 

最初は「副業で成功してやる!」っとやる気充分で進むと思います。

 

そして、日数が経ち、ブログで例えるとアクセス数が伸びない、商品が売れないなどの状況が続いたら

「何で稼げないの!」

「上手くいくはずだったのに・・・もうやめようかな」

 

っと挫折を感じるかもしれません。

 

そのときは心のどこかで

「副業は仕事と違うからできる!」

「本業より副業のほうが簡単に稼げる」

 

などのことを思っていなかったか考えてみてください。

 

もしこれらのことを少しでも思っていたら頭の中で切り替えるのをおすすめします。

 

副業は簡単に稼ぎやすいと言われているが、副業も立派な仕事、ビジネス

 

ということを意識してください。

 

簡単に稼いでしまう人も確かにいます。

 

しかし、簡単に稼いでしまう人は、なぜ成功するのかと言うと

・元々似たようなことをしていた

・正しい知識と技術でやっていた

 

つまり、副業初心者ではないのです。

 

副業が稼ぎやすいと言われている理由が、実際にお店を出すことと比べて

 

・ほとんど元でが掛からない

・正しい知識と技術でやっていくと稼げるようになる

 

からだと言われています。

 

ネットに繋がる端末(PCやスマホ)とネット回線があれば始めることができるからです。

※サーバー代やドメイン費など費用は掛かりますが、必要経費なので税金を減らすことができます。

 

 

「ウサギとカメ」の物語で、今までのことを手順にすると

ウサギの「遅いカメに負けるはずがない」は

「副業は簡単って聞いたから楽に稼げるはず」となり、ウサギが居眠りしてカメに敗北したとき「何で寝ちゃったのだろう・・・」が

「何で稼げないの!?」っとなります。

 

そこで、ウサギは「過信したせいで失敗したのか・・」っと学び、

カメは「努力すれば何でもできるようになる!」っと思ったと私は思います。

 

続編である「負けウサギ」ウサギは、一族を追放されましたが、ウサギの一族を狙うオオカミを見つけ、逃げるのではなく立ち向かいオオカミに勝ち、英雄になりました。

 

それを私風に変えると

挫折を感じて「やめようかな」「稼げるなんて嘘だったんだ」「稼いでいる人は詐欺だ!」っと思うかもしれません。

 

そこでどちらを選ぶかにより

あなたが成功するか終了するか2つに道が分かれます。

 

オオカミに立ち向かったウサギのように

「絶対に成功してやる!」っと諦めないのか

それとも

「もう無理」「やめよう」っと諦めるのか、あなたはどちらを選びたいですか。

 

私なら、どうせ始めたなら成功するまでやり続ける道を選びます。

 

・・・例え、諦める道を選んだとしても気落ちではなく、むしろ誇りに思ってください。

 

何故なら、あなたは副業をすることを自ら決めて行動したからです。

 

「?」

「普通諦めたら誇れないでしょ?」

 

っとこの人何言ってるの?っとあなたは思うかもしれません。

 

なぜ、私が誇りに思ってくださいと言ったかというと、人は変わることを嫌がる生物だからです。

 

例えば、「お金もう少し欲しい・・・でも忙しいから暇になったらどんなのがあるか探してみるか」

「生活が苦しい・・・副業って稼げるんだ!やってみようかな・・・でも今日は眠たいから明日やろ」

 

っと何か理由をつけて行動せず、時間だけが過ぎてしまいます。

 

その点、あなたはきっかけはどうあれ、自らの意思で行動をしました

 

ですから、私は行動したことそのものを誇りに思ってくださいと言ったのです。

 

 

そして、挫折を感じたということは、あなたがそれを感じるほど頑張ったという証明と言えます。

 

ウサギとカメは、続編も加えると最終的に、正反対な結末を迎えました。

 

しかし、ウサギとカメに共通して言えることがあります。

 

結果がどうであれ、”逃げずに行動した”ということです。

 

私の主観ですが、本当にダメなことは”何もしない”ことだと思います。

 

何もしなければ、挫折を味わうことはありませんが、同時に成功したときの達成感も得ることができない

つまり、”何も得ることができない”のです。

 

 

まとめ

 

・どうせやるなら成功するまで諦めず頑張るのも良いが諦めても良い

・諦めても誇りに思う

・本当にダメなのは”何もしないこと”

 

 

余談ですが、「ウサギとカメ」の歌詞がウサギとカメお互いに壮絶な煽りあいをしてるように感じたのですが、これ大丈夫なのかなと思いました。(汗

 

 

今回はこれで終わります。

あなたの役に立ったなら幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク