こんにちは

 

もってぃーです。

 

今回は、「データをcsv形式で保存」するという文字を見るけど、何のことかわからない・・・という疑問を解決するお話になっています。

 

csv形式とは

(csv)comma-separated values:「,」(カンマ)で区切ったテキストファイル

 

下図では、「No」から「Googleの候補キーワード(オートコンプリート)」までの項目ごとにデータが、表示されていますよね。

 

この図は、csv形式で保存したデータです。

それを、エクセル(excel)と同じくカンマごとに区切った文字が、表になっています。

 

「カンマで区切ってある?」

「どこにもカンマなんてないけど?」

と疑問に思われたかもしれませんので、メモ帳で開いた場合の図を下に乗せますね。

 

上の図の通り、カンマで区切られた文字が大量に横一列にあります。

 

そのため、excleなどは、このカンマで区切った文字列を、表形式に直したモノです。

 

 

csv形式で保存

 

手順例として、無料のキーワードツール

aramakijake.jprishirikonbu.jpを使いながら行っていきます。

 

「csv形式で保存する」または「データをcsv形式で保存する」を押してください。

 

 

すると、画面下に下図のように、保存されたファイルが表示されます。

 

 

※この図では、2つ表示されていますが、実際には1つです。

 

表示されたファイルは、保存されており、押すと、pc,スマホにある表計算ソフト(エクセル(excel)、libreofficeなど)が起動します。

 

起動すると、この図のように表示されますが、そのまま「ok」をクリックしてください。

 

 

そして、ブラウザ画面にあった表データが、表示されていたら保存完了です。

 

 

 

 

csv形式とexcelを分ける必要

 

ここまでの流れで、「別にexcelでも良いのでは?」と思われたかもしれません。

 

ですから、なぜ、csv形式とexcelファイルで分けた方が良いかお伝えしていきます。

 

理由として、

excleファイルで保存してしまうと、それ以外のアプリケーションからは開けなくなるから

というのが大きな理由です。

 

つまり、固定したファイル形式(excle)だと、対応していないアプリケーションだと、開けなくなってしまうが、csv形式で保存すると、メモ帳、テキストファイル、excelなどしばられずに、開くことができるということになります。

 

そのため、csv形式とexcelを分けた方が良いのです。

 

おまけ

 

今回、csv形式の説明に、seo対策に無料で使えるツール「aramakijake」と「rishirikonbu 」を出しました。

 

ですから、もしあなたが、紹介した無料ツール使い方に、興味を持ったなら、こちらのリンクから飛べます。

 

「aramakijake」

[seo対策]無料ツールのおすすめと使い方

 

「rishirikonbu」

検索キーワードのボリュームが分かるおすすめツール~無料~

 

 

これで今回は終わりますが、この記事が役に立ったなら幸いに思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク