スポンサーリンク

 

こんにちは

もってぃーです。

 

ブログ/サイト運営仲間の方から突然、エラーコード500の画像が届き、解決するついでに困っている方の助けになればと思ったので、体験したエラーの原因と解決方法についてお伝えしていきます。

 

ブログやサイトがエラーコード500で表示されない時の対処法

表示されると最後、基本的に内部(wordpressダッシュボード)では操作出来ず、外部ツールで解決が必要となる厄介なエラーコード500。

 

 

私が(厳密には仲間)体験した

「500 Inernal Server Error」

 

記載されている原因

・断続的に発生する場合

CGIの負荷が大きい(CGIプロセスが多数動作している)。

 

・常に発生する場合

CGIのパーミッション設定に誤りがある。/CGIのソースコードに問題がある。/.htaccessの記述に誤りがある。

 

※CGI:チャットやアンケートなど閲覧以外のwebページ作成可能なプログラム

※パーミッション:アクセス権限

 

何もしていないのに急にエラー505で操作出来ない上に、原因が書かれているけどCGI・・・?ってなりませんか。

私はなりました。

 

結論から先に、

サーバー容量が圧迫されて空きがない状態です。

(体験した時の原因)

ブログ/サイト-エラーコード500の原因はサーバー容量の空き不足

だいたい3例ぐらい挙げますが、どれか一つは当てはまると思います。

 

・サーバー容量の空きが無い?・・・え?特に何もしていないんだけど?

・大量の動画や画像をアップロードし過ぎた

・バックアップファイル作成

 

私は3例挙げましたが、中には違うパターンがあるかもしれませんが、対処方法は全て同じです。

(多少弄る場所が異なりはしますが、大本は同一(汗))

 

何をするのかと言うと、

FTPソフト(FTTP)という外部ツールで容量の大きなファイルを削除していきます。

(突然エラー500吐いた時は、だいたいバックアップファイルが悪さしてそう)

 

大量の動画や画像をアップし過ぎた場合は、消すと記事内データまで消えるため容量増加・・・もしくは必要ないモノを削除。

 

動画だったらニコニコ動画やYoutubeなどにアップロードして、削除すれば実質消えません。

(リンクを記事内に貼れば、動画投稿サイトで閲覧可能なため)

エラーコード500修正方法-外部ツールFTTPソフト(FTP)でサーバー容量減らし

まずFTPソフト(FTTP)をDLして起動。

※FTPソフトDL方法は省略・・・後で投稿するかもです。

 

右下にある「com」「jp」(ドメインによっては異なる)の内、あなたが普段サイト/ブログ運営をしている方へファイル移動してください。

(私は「com」で運営しているため上ファイルへ)

 

 

 

次に「public_html」(作業ファイルが格納されている場所)へダブルクリック

 

 

「wp-content」の中へ移動

 

 

「uploads」内へ

 

 

「backwpup…」やバックアップらしきモノへファイル移動して、異常に容量が大きいデータを探していきます。

 

 

バックアップファイルの中を閲覧して、尋常じゃないサイズのファイルを見つけたら次の段階です。

 

 

ちなみにこのバックアップファイルの容量285.69GB・・・と凄まじい大きさでした。

 

 

問題のファイルを特定できたら、一度上の「uploads」をダブルクリックして戻ります。

そして、容量を圧迫しているバックアップフォルダに、マウスカーソルを合わせ「右クリック」「削除」を選択

 

 

ウインドウが表示されたら「全て削除」

(不安になるかもしれませんが、”全て”に含まれるのは選択したフォルダの中身だけ)

 

余談ですが「はい」を押すと、1ファイル消すごとにウインドウが表示されるので、今回のフォルダごと消す場合は手間が増えるだけです。

(画像や動画削除など、特定のファイルのみを消したい時は、フォルダの中に入り右クリックで対象だけを選択削除)

 

 

異常な大きさのバックアップファイルを削除後、自分のブログ/サイトを開きエラーが解消出来たなら「接続」「終了」します。

 

 

今回はこれで終わります。

 

 

スポンサーリンク