スポンサーリンク

こんにちは

 

もってぃーです。

 

今回は、クレジットカードを初めて作ったけど、カード番号?セキュリティーコード?意味が分からぬ・・・といった疑問を解決して、最低限これだけ知っていればクレジットカードを使うことができるお話になっています。

 

クレジットカード

番号の見方

 

どうすれば、あなたに伝わりやすいかと私なりに考えた結果、クレジットカードの図を作って説明したほうが早そう・・・と安易に考えて、自作の図を使っています。

 

では、早速図1と2を使って説明していきますね。

 

図1クレジットカード表

 

※図では「まる1」と使っていますが、環境依存文字のことを考えて「1:」で表記します。

 

1:クレジットカード名

これは、クレジットカードを作った会社の名前です。

 

2:カード番号

この16桁からなる番号が、クレジットカードで商品を購入したときに、入力する番号になります。

 

3:自分の名前

あなたの名前で名(下の名前)姓(上の名前)の順です。

例)たなか くれこ

名くれこ 姓たなか

 

4:有効期限

この数字は、図1にもあるとおり、今のカードを使える、有効期限が掛かれており、例)11月/24年を過ぎると、使えなくなり、新しいカードがクレジットカード会社から送られてきます。

 

5:国際ブランド

図1には、JCBと書いていますが、ほかにも

・VISA
・MasterCard
・アメリカン・エクスプレス(アメックス)
・ダイナース

などがあり、クレジットカードの後払いではない、ほぼデビットカードの中国で作れられた

・銀聯(ぎんれん)カード

 

種類が複数ありますが、国内で使う分には、年会費・加盟店の数で

・JCB

・VISA

・MasterCard

これら3つで十分です。

(上3つのカード全てが、年会費無料と言っている訳ではありません。)

 

ダイナースとアメリカン・エクスプレス(アメックス)については、別枠のお話になります。


ダイナース:持っていたらステータス+年会費が高い(6000円から)が、日本で一番長い歴史を持つと言われるぐらいで加盟店は多く、サービスの質が良い。

 

アメリカン・エクスプレス(アメックス):持っていたらステータス+年会費が高い(1万2千円から)サービスの質が良い

 

とクレジットカードが身分証明書となる海外では、「例)上2つのカードを持っているということは、この人はすごい人なんだ!(条件が厳しめのため)」と見られステータスになります。

 

しかし、日本ではカードを持っているから凄いと一部では言われるかもしれませんが、私は聞いたことがないので、そういう文化はないのかなーという感想です。

 

銀聯カードについては、中国国内で生活するなら、偽札トラブルに巻き込まれない上で必要なカードと言えます。

 

(中国の人が海外に行くとき、持ちだせるお金が決まっているので、解決策として、銀聯カードを使うという流れです。)

 

 


 

次は、図2参考で、裏面についてお話していきます。

 

6:自分の名前

ご署名の項目に、あなたの名前を書かなければ、不正利用されたときに、盗難保険が効かなくなるので、書いておきましょう。

 

7:セキュリティー・コード

ご署名の項目横にある、4桁3桁からなる番号の内、右3桁がセキュリティー・コードです。

 

ですから、セキュリティー・コードを入力する時は、右3桁と覚えておいてください。

 

図2クレジットカード裏

 

 

おまけ

不正利用されていることが分かったときの対処法

 

あなたは、クレジットカードで買い物をすると、今月いくら使ったかの明細書が、ネット上・紙媒体どちらかで見ますよね。

 

そのとき、あなたが、購入した覚えのない商品と金額が書かれてあり、不正利用されてる!?っと混乱または焦ると思います。

 

不正利用されていると気づいたら、まずはカード会社に電話を掛けてください

 

金額によっては、こんな金額払えるわけがない・・・と考えるかもしれませんが、クレジットカードは基本盗難保険が付いているので、

・本人の故意や重大な過失

・本人の関係者が使用したとき

・不正利用の際、暗証番号で購入した場合

・規約に違反している状況で使用したとき

・クレジットカード裏面のご署名の項目に、自分の名前を記入していない場合

・クレジットカードの情報が漏れて、ネット上で商品の購入をされた時

 

これらの項目に当てはまった場合を除き、不正利用をされてから60日の間は、補償されます。

 

ですから、

・あなた本人以外がクレジットカードを使わない

・クレジットカードの裏に自分の署名を書いておく

・カード情報を再入力して欲しいと、本物っぽい会社からメールが来ても入力しない

・怪しいサイト・メールは開かない

・パスワードを誕生月・連続した番号など分かりやすいモノにしない

 

これらのことに気をつければ、基本的に補償されると考えて良いです。

 

今回は、これで終わりますが、この記事があなたの参考になれば幸いに思います。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク