スポンサーリンク

こんにちは

 

もってぃーです。

 

今回は、2018年2月下旬に脳梗塞で倒れ、胃ろうまでした祖父が、奇跡の復活したこと(医者談)についての個人的な日記です。

 

奇跡の復活(医者談)と言える理由を伝えるには、祖父の症状についてお話する必要があります。

 

脳梗塞になった祖父の症状

脳梗塞は、脳の血管が詰まると起こる病気で、高血圧症、糖尿病、脂質異常症(生活習慣病)で、祖父の症状として、

・言語障害

・体や手足のバランス障害

・のどの神経麻痺

 

でした。

 

「言語障害」は、言葉を話そうとしても呂律が回らず、言語にならない症状で、祖父の場合は単語すらまともに話すことが、具体的には、「うん」という2単語ですら、言えなかったのです。

 

 

「体や手足のバランス障害」字面の通りで、自分の足で立ち、まともに歩くことができないほどでした。

 

「のどの神経」は、私達が普段声を出したり、ご飯を食べる上で必要不可欠な機能で、通常2つの内、片方だけ麻痺することが多い中、祖父の場合は2つとも麻痺をしていたのです。

 

そして、脳梗塞の治療方法として、「手術」・「点滴」の2つあり、基本的には発症してから、4、5時間以内なら大幅に症状を回復することができたのですが・・・・祖父は、ほぼ毎年、糖尿病もしはメニエル(めまい、耳鳴りなどがするストレス障害)で倒れるため、適切な処置をすることが出来ませんでした。

 

脳梗塞の症状まとめ

・単語を話そうとしても、言葉にならない

・自分で体を動かせない寝たきり

・自分ではご飯どころか、ツバも飲み込めない

 

そのため、「胃ろう」というお腹に、小さな穴を開け、そこから栄養を入れる手術を行ったのです。

 

胃ろうをしてから、調査によると「1ヶ月後:95%」「1年後:64.4%」「5年後:25.1%」で、具体的な低い数字で、不安をあおる生存率でした。

参考資料

 

お医者さんからも、寝たきり生活で、奇跡が起きない限り、回復は厳しいと言われ、祖父や祖母、家族は悲しみに包まれたのです。

 

体は動かせない上に、ご飯も食べることができない、寝たきり生活に、生存率が年々低くなる胃ろうという、180度今までの生活と逆転していまったので、絶望しかありませんよね。

 

しかし、私は祖父が・・・再び自分の足て立ち、行動できて、ご飯も食べられる元気な状態まで、回復すると、まったく疑うことすらせず、確信していました。

 

なぜなら、昔の人は、薬がなかった時代から、自然治癒力という治療で体を治して来たからです。

 

もっと言うと、自然の動物が、薬を作り治療するという行動を見たことはありますか?

 

つまり、「病は気から」ということわざの通り、本人が諦めないなら自然治癒力により、病を治すことができると私は、考えています。

 

ほかに例えるなら、「マーフィーの法則」です。

 

ですから、私は、祖父が再び元気になると考えていました。

 

脳梗塞の祖父が7月2日に退院しました

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク