スポンサーリンク

こんにちは

 

もってぃーです。

 

今回は、メルカリで本を出品したい、あるいは売れたけど、梱包ってどうすれば良いの?という疑問を解決していくお話になっています。

 

メルカリ

 

「私、不器用だけど、大丈夫なのかな・・・」とあなたは不安に思うかもしれません。

 

安心してください、私もかなり不器用です(汗)

 

安心できる要素がない、と思うかもしれませんが、不器用でも購入者様から「良い」評価をいただいているので、ご安心ください。

 

(どれくらいかと言うと、今回の梱包画像を見ていただければ、すぐにわかると思います。)

 

必要な道具

 

まず、用意するもの

・ハサミ

・テープ

・本を入れるための袋

 

流れとしては、本を袋に入れる→本が袋から出ないように、テープをハサミで切って止める

・・・となっています。

 

図の背景のマットは、母のモノです。

 

ハサミ

図1ハサミ

 

テープを切れればよいので、切れ味が良いモノでなくとも、家にあるハサミまたは、百円均一など安いモノで構いません。

 

テープ

図2テープ

 

テープも、袋から本が出ないように止めるだけなので、こちらも、家にあるモノ百円均一などで大丈夫です。

 

本を入れる袋

図3袋

 

最低限、本が袋から出たり、濡れないようできれば良いので、本より大きい袋を、

上のハサミやテープと同じく家にあるモノ、百円均一で用意できるもので構いません。


※注意点※

本のサイズにもよりますが、図3のようなサイズだと、A4サイズに当てはまり、ゆうゆうメルカリ便やらくらくメルカリ便で、安く発送することができます

(A4サイズのイメージ例としては、郵便ポストです。)

 

そのため、郵便ポストに入らない、サイズの袋や箱を使ってしまうと、送料が高くなるので、大きすぎにはご注意ください。

 

プチプチについて

・本より大きい袋を使えば、ある程度代用できる

・本の値段にもよりますが、手数料で引かれると赤字一歩手前になる

・プチプチで膨らみ、A4サイズを超えて、送料が高くなってしまう

 

ことを考えて使っていません。

 

使うとしても、本の4つ角に小さく切って、貼るぐらいで問題ないです。

 


 

ハサミ、テープ、本より大きい袋のこれら3つの道具で、本の梱包が行えます。

 

図43つの道具

 

次から本の梱包をしていきます。

 

梱包の仕方~本~

 

まず、本を袋に入れます。(図5参考

 

 

図5本を袋に入れる

 

このとき、

・本が袋から出ないように、なるべく奥の方に入れる

・入れたら、袋の空気を抜く

のがポイントです。

 

袋の空気の抜き方としては、

左手で、本が動かないように固定して、右手の手のひらを本に置き、袋の口側に抑えながら、3回ほど行います。

(図6参考

 

図6空気の抜き方例

 

次に、右側に余分なスペース(余白)があるので、図7のように折ってください。

(余分な部分が、本を衝撃から守る、緩衝材として使えます。)

 

図7袋の余分なスペースを右折り

 

余分なスペースを右折りしたら、そのまま上に本を一回転させてください。(図8参考

(ここらへんから、不器用なのがわかりやすく出てますね(汗)

 

図8本を一回転折る

 

そして、本を上にもう一回転します。(図9参考

 

図9本をもう一回転

 

次に、袋が開かないようにするために、テープを貼ります。(図10参考)

(追加で、真ん中にテープを貼るのもありです。)

 

図10袋の横をテープ貼り

 

袋の横がこれで固定できました。

 

しかし、まだ袋の上下に余分なスペースがありますよね。

 

ですから、上下の余分な部分を畳んで、テープを貼ってください。(図11参考

 

図11の場合、上より下のほうがはみ出ているので、下→上の順に折り、テープで固定になります。

 

 

図11余分な上下を緩衝材に代用

 

もう片方も、上下のどちらか比べて余分に出ている方→それより余分じゃない方を重ねて折り、テープを貼ったら、本の梱包完成です。(完成例図12)

 

 

(しわの目立ち具合が丸見えですが、気にしないでください。)

(大切なのは、中身が守られることです(汗))

 

 

図12

 

今回は、これで終わりになりますが、

この記事があなたの役に立ったなら幸いです。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク