スポンサーリンク

もってぃーです。

 

今回の記事では、アフィリエイトの仕組みを話していきます。

 

楽にできる! ワンクリック!

コピーライティング不要! 簡単に!

 

これらはよくあるキャッチコピーです。(もっとありますが(笑

何故、これらの文章が使われているかと言うと。

 

コピーライティングを学ぶのは大変です。しかし、頑張ったら頑張るほど上手くなります!

コツコツと記事を書いて、積み重ねていきます。最初は売れないかも知れませんがある日突然で爆発的に売れるようになります!

 

この文だと

 

「大変そうだね…」

「私長続きしないし…」

「甘い話なんてないのね」

っとこれらのことを思うかもしれません。

 

楽に稼ぎたいって思ってる人にとってコツコツ頑張るのは当然ですが嫌ですよね。
楽に、簡単になどのやさしい言葉のほうが、興味を持つ人が多いと思っています。

 

つまり、人に興味を持ってもらいやすい言葉を使えば、見てくれる人が増えて売れる可能性が上がりやすいです。

 

しかし、そんなやさしい言葉を使った教材や塾は本当に中身が伴っているのでしょうか。

 

 

「自分の利益さえ出れば、その教材や塾の中身が悪くても良い。」

「知った事ではない」

「だまされた方が悪い」

「情弱乙!」

っと言っている人達がいます。

 

 

そんな人達が増えた結果、アフィリエイトについての印象が悪いほうに向いてしまいました。

 

「アフィリエイトは怪しい」

「詐欺だ!」

「危ない」

 

っとこのような情報が拡散されていきました。

(正確にはほぼ嘘だと思わないと騙されると、考えてくださいということですが)

 

 

そして、人は一度何かについて知識を得るとそれが正しいという固定概念が生まれます。

 

例として、人は悪いところを見つけると全てが悪いと、決めてしまう性質があります。

 

厄介なことに、固定概念をひっくり返すのは大変です。

 

その一方で、もちろんですが中身が伴っていて頑張りしだいで稼げるようになる教材や塾もあります。

 

 

 

アフィリエイトの仕組み

 

実際のアフィリエイトの仕組みは

①広告を出す企業

②ASP(広告を出す企業とアフィリエイターの           仲介をする会社)

③アフィリエイターがその広告内容の魅力や価値を記事やメルマガで伝える。

④記事やメルマガを読んだ人が、価値があるものを知って喜んで買う。

⑤企業、ASP、アフィリエイターにお金が対価として支払われる。

 ↓

⑥みんながWin-Win

というのが正しい仕組みです。しかし、③の広告内容を過大評価、大誇張表現。嘘を伝えるなどの最低なことをしている人がいます。(やめて欲しいです。)

アフィリエイトは本来みんながWin-Winになる素晴らしいビジネスだと僕は思ってます。

 

アフィリエイトも立派なビジネスです。何故か知っていますか?

 

あなたは就職やバイトなどの労働型と

アフィリエイトとの不労働型の違いはなんだと思いますか?

何言ってるの!労働っていってるから働くか働かないかでしょ!

 

実は両方働いているのです。

え?どういうこと。ってなりませんでしたか。

 

労働型は、時給ですよね?そして1時間いくらと決まっています。1時間×働いた時間で決まっていますね。

続きはまた更新します。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク