スポンサーリンク

こんにちは

 

もってぃーです。

 

今回は、[アフィリエイト]キーワード選定のやり方の続きとなっております。

 

前回の記事はこちらのリンクからお読みできます。

[アフィリエイト]キーワード選定のやり方

 

前回、キーワード選定のやり方[allintitleとintitle]で調べることができるとお話しました。

 

しかし、やり方だけ教えられてもどんなキーワードで調べていけば良いのかわからないのではないかと私は思ったので、ネットが繋がっていれば無料でできる、具体的なやり方についてお伝えしていきます。

 

[アフィリエイト]キーワード選定「具体的なやり方」

 

キーワード選定ツールを使わなかったときに、私が実際にやっていた方法です。

 

では、早速具体的なやり方についてお話しますね。

 

 

必要なモノ

・ブラウザ

・パソコンまたはスマホ(情報端末)

 

どんなキーワードを調べて良いかわからない、という疑問を解決してくれる便利なモノは、

goodkeywordというサイトです。

 

このサイトは、googleやyahoo、Bingなどの様々な検索エンジンから入力したキーワードに関連したキーワードを探すしてくれる機能を持っています。

 

つまり、キーワードに関連したことを、自分で調べていた時間がかかる作業そのものを、このサイトは一瞬で調べてきてくれるのです。

 

~やり方~

では、実際のやり方を図を使いながら紹介していきます。

 

まず、goodkeywordにこちらのリンクから飛んでください。

goodkeyword

 

(たどり着ければ、方法は問題ありません。)

 

飛ぶと図1のような画面になります。

図1

※表示された内容について後から説明します。

 

次に、検索バーにあなたがやっていこうと思っているジャンルのキーワードを入力してください。

 

例)副業

 

入力して、検索すると図2と3のような画面になります。

 

図2

図3

 

図2,3のように表示されたら、ツールがあれば図2の右にあるリストから、関連キーワード全てをコピーして調べれば終わりです。

 

しかし、今回はツールを持っていない前提のお話ですから、

表示された関連キーワードの中で、あなたが「このキーワードを使った内容は書けそう」と思ったモノを一つずつallintitleとintitleで調べてください。

 

そして、intitleが多くて、allintitleの少ないキーワードを見つけるまたは、表示される関連キーワードを参考に自分で変えるなどで、あなたが使いたいキーワードを決めたら終了になります。

 

つまり、goodkeywordを使うと、
”関連キーワードを自分で探す手間がなくなる”のです。

(まあ、ツールがないとintitleとallintitleを調べるのに、結局手打ち作業になので、その部分に関しては探す手間が掛かり大変ですが汗)

 

図2.3のgoodkeywordで表示されている機能について簡単に説明していきます。

 

goodkeywordの機能説明

 

図2左から真ん中が、google、Bingの検索エンジンから関連キーワードを検索した結果です。

 

図2一番右にあるリストは、関連キーワードの検索結果を全てコピーできるありがたいモノになります。

 

図3のグラフは、例で私が調べた「副業」というキーワードが、年ごとにどれだけ人気になったかの結果です。

 

その下のタグ集は、一見まったく関係なさそうなタグばかりですが、おそらく何か関係しているのでしょう汗)

 

 

 

先ほど、yahooの検索結果も表示してくれると私は言いましたが、あなたは「あれ、yahooの検索結果ないよね?」と思いませんでしたか。

 

それについてお話していきます。

 

例)

副業 GBY

とありますが、横から

「関連キーワード」「Google」「Bing」「Yahoo」

です。

 

つまり、「関連キーワード」を3つの検索エンジンいづれかを押すと、クリックした検索エンジンでの結果を別タブ開いてくれるということになります。

 

 

おまけ

 

キーワード選定は、前回紹介したintitleとallintitleを使うことで自分で調べることができる+今回goodkeywordを紹介してきました。

 

 

・・・が、調べる数が膨大だったり、自分が知らない分野だと、

どんなキーワードを使えば良いのかをまったく分からないため

キーワード選定の時間が流れるように過ぎてしまうことがあるのです。

 

無駄な時間を使うくらいなら、お金を使ってでも、記事を書いたほうが良い、と思う方がキーワード選定ツールを購入される理由のひとつとしてあります。

 

今あるお金を取るもしくは将来のために投資する

 

つまり、自分にとってどちらのほうが大切かを考えた結果、一つでも多くの記事を書いて、「投資したお金を何倍にもしてやる!」と将来に投資したのです。

 

私も、今あるお金をとれば財布の中身は減らないけれども増えることがない”と考え、キーワード選定ツールを購入しました。

(例え、キーワード選定ツールそのものが無駄になったとしても、自分の記事のネタにできるので良いかなと)

 

自分が体験したことは、全て何らかの形でネタにできるのがネットビジネスの面白いところです(笑)

 

もしあなたが「自分で探したい!」もしくは、「時間に余裕があるから気長にやるかな」「興味ない」と思ったなら購入する必要も特にありません

 

買わなくてもキーワード選定は自分でできるので!

 

そういう道もある、とだけ知ってくだされば良いです。

 

 

 

 

今回は、これで終わりますが、

この記事が、あなたの役に立てたでしょうか。

 

役に立てたなら、幸いです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク