スポンサーリンク

こんにちは

 

もってぃーです。

 

今回は、seo対策をできる無料のおすすめツールと使い方についてと、おまけで、今回紹介するツールと、合わせて使える無料ツールも紹介していきます。

 

seo対策

今回、お話するseo対策に使える無料ツールは、需要のあるキーワードを調べる(あなたのブログまたはサイトに、訪れてもらういやすくする)ことが可能です

 

 

それでは、早速紹介していきますね。

 

無料ツールのおすすめ

私が、実際に使っていて、おすすめできるseo対策の無料ツールの名前は、

「aramakijake」です。

 

こちらの図が、aramakijakeの画面になります。

 

なぜ、seo対策に使えるかと言うと、

・調べたいキーワードの月間推定検索数がわかるから

・関連キーワードも知ることができる

 

2つの利点があるからです。

 

あなたは、上位表示させるなら、書いた記事の需要があり、アクセス数が多いのと、需要があまりなく、アクセス数が少ない、この2つのどちらが良いですか。

 

当然、需要があり、アクセス数が多いほうが良いですよね。

 

折角、何時間も掛けて書いた記事が、需要がなくて全然アクセス数が伸びないのは、辛いと思います。

 

つまり、本来記事を書いてからでないと、需要があるか分からなかったことが、aramakijakeを使えば、需要の有無をあらかじめ調べることができるのです。

 

そして、関連しているキーワードも表示されるため、自分では思いつかなかったキーワードも知ることができます。

 

ですから、私は、seo対策に使える無料ツールのおすすめとして、aramakijakeを紹介しました。

 

それでは、「aramakijake」の使い方についてお話していきますね。

 

「aramakijake」の使い方

 

まず、こちらのリンクから「aramakijake」に飛びます。

aramakijake

 

次に、赤い四角で囲っている検索バーに、検索したいキーワードを入力した後に、「Check!」を押してください。

 

それにより、このような画面が表示されます。

 

 

「関連語」というのは、言葉通り、今回「seo」というキーワードしましたが、それに関係しているキーワードのことです。

 

そして、月間推定検索数「Yahoo! JAPAN 906,301」「Google 740,700」というのは、一カ月の間に、YahooとGoogleそれぞれで予想される検索数になります。

 

 

つまり、YahooとGoogleの月間推定検索数を足して、多ければ、需要があるキーワードです。

 

目安として、

・一つのキーワードで1万~

・二つからは、5千~

ぐらいが、需要のあるキーワードと考えています。

 

そして、検索したキーワードの1位から10位まで個別ごとの、予想されるアクセス数がこちらの図です。

 

 

 

個別のアクセス数を保存したい場合は、図上にある、「データをcsv形式で保存する」を押すことで、保存できます。

 

「データをcsv形式で保存する」とありますが、csv形式とは何かわからない場合は、こちらのリンクから飛べますので、興味があればどうぞ。

 

csv形式で保存とは?

 

 

 

おまけ

 

今回紹介した「aramakijake」のほぼ上位版、と言って良い無料ツール「rishirikonbu」があります。

 

ちなみに「aramakijake」「rishirikonbu」は2つとも、同じ会社が作っているツールです。

 

合わせて使える「rishirikonbu」

 

「rishirikonbu」の使い方については、こちらのリンクから飛べますので、興味があればどうぞ。

 

検索キーワードのボリュームが分かるおすすめツール~無料~

 

今回は、これで終わりますが、この記事があなたの役に立ったなら幸いです。

 






スポンサーリンク

スポンサーリンク