スポンサーリンク

こんにちは

 

もってぃーです。

 

今回は、wordpressサイトの好きな場所に、アドセンス広告を一度設定しておけば、自動で貼ってくれる便利なプラグインと、その使い方を紹介していくお話になっています。

[2018年4月15日に設定]

 

wordpressサイトにアドセンス広告

 

もしかしたらあなたは、別に一括管理でしなくても、ひとつずつ貼ったほうが、プラグイン使って起きそうな不具合や、ミスを考えたら、手間掛かるけど良いのでは?っと思ったかもしれません。

 

正直なところ私は最近まで、手間掛かるけど、手動で貼ったほうが良いと思っていましたが、記事数1500あるアフィリエイター知り合いの話を聞いてから、考えが変わりました。

 

考えが変わった経緯と、アドセンス広告を一括管理で貼ってくれるプラグインを導入した結果、感想については、こちらの記事に書いています。

アドセンス広告の貼り方を、手動から自動に変えた結果・・・

 

もし、あなたが興味をお持ちならお読みください。

 

 

一括管理できるプラグイン

 

 

今回、私がアドセンス広告を、一括管理するために使ったプラグインの名前は、

「AdSense Plugin WP QUADS」です。

 

 

「AdSense Plugin WP QUADS」とは何か?

海外の人が作った、wordpressユーザーが使えるプラグイン(後付け機能)のひとつです。

 

(無料/有料の2つありますが、私が実際に使ってみた限りだと、無料版で十分使える質の良いプラグインだと思いました。)

「AdSense Plugin WP QUADS」の機能

アドセンス広告を貼りたい場所に(一度設定すればそれ以降)自動で貼ってくれる便利なプラグインです。

 

設定できる場所として、

・記事中

・ウィジェット(サイドバー)

にできます。

 

そして、(例:カテゴリーや固定ページ、記事一覧など)広告を貼りたくないページには、一括/個別のどちらかで非表示にすることが可能です。

 

「AdSense Plugin WP QUADS」を設定するまでの流れ

 

・「AdSense Plugin WP QUADS」のインストールと有効化

・(Googleまたはほかの貼りたい)アドセンスから広告コードをコピーする

・コピーした広告コードを「WP QUADS」に貼り付ける

となっています。

 

「AdSense Plugin WP QUADS」のインストール

「AdSense Plugin WP QUADS」のインストールから設定をしていきます。

 

まず、画面左の「プラグイン」から「新規追加」を押してください。

※私は、「ダッシュボード」から設定をしていきますが、ほかのページからでも、可能です。

 

 

それにより、「プラグインを追加」の画面が表示されます。

 

次に、「キーワード」の検索バーへ「adsense」と入力してください。

 

入力後、「AdSense Plugin WP QUADS」という名前のプラグインが表示されるので、「今すぐインストール」を、押します。

無事インストールできたら、先ほどは「今すぐインストール」だったのが、「有効化」と表示が変更されるので、「有効化」をクリックしてください。

 

そして、このような画面が表示されると、「有効化」成功です。

英語で書かれているので、不安になるかもしれませんので、補足するとこの画面は、有料版にしませんか?・・・というお誘いの文ですので、今回は無視して構いません。

 

ここまでが、「AdSense Plugin WP QUADS」のインストールから有効化の方法でした。

 

※「AdSense Plugin WP QUADS」の名前が長いため、今後「WP QUADS」と略して表記します。

 

「WP QUADS」設定の仕方

それでは、「WP QUADS」の設定をしていきますね。

 

「WP QUADS」メニュー画面へ行く方法

 

まず、「ダッシュボード」画面左の「WP QUADS」から「Ad settings」を押してください。

 

 

それにより、下の画像のように、「WP QUADS」メニュー画面が表示されます。

 

 

「WP QUADS」メニューの項目

General & Position

General Import/Export

Ad Code

Widgets Ad Code

Plugin Settings

 

全て英語で書かれているので、もしかしたらあなたは「英語あんまり得意じゃない・・・」っと不安に思うかもしれませんが、簡単に説明していきますので、ご安心ください。

 

基本的な設定として「General & Position」「Ad Code」「Widgets Ad Code」この3つで設定できます。

 

 

1:「Ad Code」・・・記事中

2:「Widgets Ad Code」ウィジェット(例:サイドバー)

 

1と2は、それぞれアドセンス広告のコードを貼り付ける場所です。

 

General & Position」は、1で貼ったアドセンス広告を、記事中のどこに貼るか位置設定する場所になります。

 

2:Widgets Ad Codeは、設定すると「ウィジェット」に項目が追加されるので、そこから貼りたい場所(例:サイドバー)に置くことで、完了です。

 

 

アドセンス広告は「Ad Code」「Widgets Ad Code」個別に10個ずつ登録することができます。

 

 

記事中にアドセンス広告を貼る手順

まず、メニュー「Ad Code」を押してください。

そして、「Ad Code」画面が下のように表示されます。

 

 

今回は「Ad 1」を設定するので、右の「>」を押してください。

 

そして、「Ad 1」の設定画面が表示されます。

(参考例)

 

それでは、「Ad 1」の設定をしていきますね。

 

まず、「Adsense」「plain Text/HTML/JS」の2つありますが、「plain Text/HTML/JS」を選択してください。

 

次に、画像「アドセンス広告のコードを貼り付け」と書かれている場所へ、アドセンス広告のコードを貼り付けます。

 

その後、下にある「Layout」の設定です。

 

「Layout」は、アドセンス広告を画面内の「標準」「左寄せ」「中央」「右寄せ」から貼る位置を決めることができます。

(広告のサイズが横長でしたら、どれを選んでも変わりません)

 

4つの中から、「Layout」を選択したら、「変更を保存」を押してください。

 

「Ad 1」にアドセンス広告を登録できたので、次からは記事中の貼る位置を設定していきます。

 

記事中のアドセンス広告を貼る位置設定

 

まず、メニュー「GENERAL&POSITION」をクリックしてください。

 

 

そして、下図のような画面が表示されます。

 

 

このままだと分かりづらいので、参考例をお伝えした後に、設定する上で必要な項目を分けて説明していきますね。

 

今回は、「Ad 1」(アドセンス広告)を記事の一番下に表示する設定をしていきます。

 

まず、「Position-Default Ads」の「Assign to End of Post」左のチェック欄を押してください。

 

次に、「Assign(Random Ads)to End of Post」の(Random Ads)をクリックして、「Ad 1」を選びます。

 

最後に、「Visibility」の項目「Hide Ad Widgets on Homepage」にチェックを入れて、「変更を保存」押すことで設定完了です。

 

その後、10分から30分の間に広告が貼られます。

 

Position-Default Ads(記事を貼る位置)説明

 

 

「Random Ads」「Ad1」とありますが、これは登録した広告の中から、「機械が選ぶ」「自分で選ぶ」かの違いです。

 

Assign to Beginning of Post
Assign  to Middle of Post
Assign to End of Post

 

上からアドセンス広告を

記事の「上部」「中間」「下部(記事終わりの下)」

に貼っていきます。

 

Assign  right after the <!–more–> tag

 

これは、「続きを読む」タグを入れているときに使う機能で、その下に広告が表示するという意味です。

 


Assign  right before the last Paragraph

 

これはアドセンス広告を一番最後の段落に表示してくれます。

 

下部」に表示と似ているので、記事下に2つ広告を表示させたい時に使うのが良いです。

 


Assign  After Paragraph  to End of Post if fewer paragraphs are found.

 

これは、アドセンス広告を3つまで好きな段落に貼り付けられます。

 

Assign After Image after Image’s outer <div> wp-caption if any. 

広告を設定した段落に、画像があった場合、その下に貼るという意味です。

 

 

 

Visibility(広告の非表示設定)

広告を表示させたくない場所を選ぶと、非表示にできます。

Homepage

固定ページ

 

Categories

カテゴリー

 

Archives

アーカイブ

 

Tags

タグ

 

Hide Ad Widgets on Homepage

トップページ

 

Hide Ads when user is logged in.

あなたが管理者として、ログインしているとき広告が非表示

 

個別にアドセンス広告を非表示にする方法

 

まず、画面左の「投稿」から「新規追加」を押してください。

 

(既に非表示にしたいページがある場合は、「投稿一覧」から選択します。)

 

 

「新規追加」/「投稿の編集」画面が表示されたら、「WP QUADS-Hide Ads」まで下に動かしてください。

 

 

上から一つずつ説明していきます。

 

・Hide all ads on page・・・ページ上にある広告を全て非表示

 

・Hide default ads, use manually placed ads・・・手動で設定した広告以外は非表示

 

・Hide all ads in sidebar・・・サイドバーに貼っている全ての広告を非表示

 

・Hide ad on beginning・・・上部の広告が非表示

 

・Hide ad in middle・・・中間部分の広告が非表示

 

・Hide ad on end・・・下部(記事終わりの下)が非表示

 

・Hide ad after MoreTag・・・「続きを読む」タグを入れているときに使う機能で、その下に広告を非表示

 

・ Hide ad before last paragraph・・・一番最後の段落にある広告を非表示

 

 

 

非表示にしたく項目をクリックして、「更新」することで、設定が保存されます。

 

 

ウィジェット(サイドバー)にアドセンス広告を貼る手順については2ページ目です。

 

2ページ目

 

 

 

今回紹介したプラグイン「WP QUADS」を使用して1週間ぐらいで、「ダッシュボード」に開発者から英文が届いたときの対処法は、こちらのリンクから飛べます。

 

プラグイン「WP QUADS」から英文メッセージが届いたときの対処法

 

3ヶ月後に、再び「WP QUADS」から英文メッセージが届いたので、内容と対処法を記事にしました。

 

プラグイン「WP QUADS」から英文メッセージが再び届いたときの対処法

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク