スポンサーリンク

こんにちは

 

もってぃーです。

 

今回は、アクセス解析のために使う、Googleアナリティクスでトラッキングコードの設定方法についてお話していきます。

 

まず、

「アナリティクスIDって何?」

「トラッキングコードやトラッキングIDとは違うの?」

ともしかしたらあなたが疑問に思うかもしれませんので、

結論を言ってしまいますとトラッキングコード(ID)のことです。

 

 

つまり、アナリティクスID=トラッキングコード=トラッキングID

前が違うだけで全て同じモノということになります。

 

 

では、アナリティクスIDの場所に行くまでの手順を紹介していきますね。

 

[Googleアナリティクス]トラッキングコード設定方法

 

[Googleアナリティクス]トラッキングコードの設定1

 

1:グーグルアナリティクスを開いて、あなたのアカウントでログインしてください。

 

※ログインするには、Googleアカウントを事前に作成する必要があります。

 

まだ、グーグルアカウントを作成していない場合、こちらのリンクからGoogleアカウント作成の記事に飛べるのでよければお読みください。

 

Google mailの作成

 

 

2:無事ログインすることができたら、図1のような画面になります。

 

図1

 

3:次に、図1のように赤い丸で囲っている「管理」を押してください。

 

 

 

4:「管理」をクリックしたら、図2のような画面になります。

 

 

 

図2

 

 

5:そして、図2の赤い丸で囲まれている「トラッキング情報」をクリックしてください。

 

6:その後、「トラッキングコード」を押します。

 

7:「トラッキングコード」をクリックしたら、図3のように「トラッキングID」が表示されたら

 

図3

 

※実際には、あなたのトラッキングIDが表示されます。

 

ここまでが、トラッキングコード(ID)の場所です。

 

次からは、あなたのサイトにトラッキングコード(ID)を貼り、Googleアナリティクスを起動させる作業に入っていきます。

 

[Googleアナリティクス]トラッキングコードの設定2

1:トラッキングコード(ID)をコピーします。

 

※コピーの仕方がわからない場合はこちらのリンクからどうぞ。

コピーの仕方

 

2:次に、コピーしたトラッキングコード(ID)をwordpressなら、

「all in one seo」→「一般設定」→「Google設定」→「GoogleアナリティクスID:」に貼り付けてください。

 

※コピーしたモノを貼り付ける方法がわからない場合はこちらからどうぞ。

コピペのやり方

 

「all in one seo pack」をインストールされておらず、やり方がわからない場合はこちらからどうぞ。

WordPressでプラグインをインストールするやり方

 

 

図6

 

図6の黒四角で囲んでいる部分です。

 

トラッキングコードが対応していない場合、

トラッキングコードが表記の下にある図7「グローバルサイトタグ」をコピーして、HTML内の</head>より上に、貼り付けてください。

 

図7

 

<head>

グローバルサイトタグ

</head>

 

3:後は、忘れずに「保存」をクリックしたら終了です。

 

 

 

今回は、これで終わりになりますが、

あなたがもし、グーグルアナリティクスでアクセス解析をするとき、

自分のアクセスを除外しておきたいとお考えなら、こちらリンクからやり方を書いた記事に飛べますので、

興味があれば読んでみてください。

 

Googleアナリティクスの設定「アクセス除外」

 

 

この記事があなたの役に立ったなら幸いです。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク